金継ぎ体験→一般講座/金継ぎ

ご案内

世界から注目される“KINTSUGI”
「金継ぎ」とは、割れたり欠けたりした陶磁器を、自然の賜物である漆を使って、修理、装飾することです。

傷が美しい装飾となり、器に新たな物語が生まれます。
本講座は、そのような伝統的な手法にのっとった、 化学物質を使わない自然派金継ぎ※を初心者向けにまとめたものです。
仕上げは「消粉仕上げ」。 わかりやすく丁寧に!
もちろん初めての方も大歓迎!

縄文時代から続く 漆のバトンをあなたにお渡しします。
※自然派金継ぎは博多漆芸研究所から始まりました


KINTSUGI JAPANの「金継ぎ体験」
今まで大変ご好評いただいておりました。
今後は、一般講座にて対応できるようにいたしましたので
より広く受講枠を設定できることと思います。

ここで学べること


オンラインにて月2回の受講となります。
最初に基本レッスンとしてお持ちの器1点を
用いて錫消粉仕上げの金継ぎを全6回にて制作します。

全6回でお持ちの器1点を用いて錫消粉仕上げの金継を制作します。
(初心者向けのものに限ります)
その後、お持ちいただいた器にて金や銀による金継ぎを
お好きな期間、学べます。

第1回)下処理
第2回)麦漆接着または刻苧
第3回)錆つけ
第4回)下塗
第5回)中塗
第6回)上塗、粉蒔き

学び方


Zoomのグループレッスンでレクチャーを受け、講習後にご自身で実際に制作するスタイルです。
空席状況によって、お断りすることがございます

※制作しながらリアルタイムで質問できる、オンライン教室もあります

  • デモンストレーション(実演)や画像で初心者の方にもわかりやすく説明します。
  • 講習後にメールで届く復習プリントを見ながら時間を気にせずゆっくり制作
  • 制作後の画像をお送りいただきレッスン時にアドバイスいたします。

募集

開講時間(空席状況)

空席状況0519
2022年5月現在

受講費用(2022年 春版)

オンライン
(Zoom)
期間 会費・受講料 入会金
登録料
木地
教材
道具
材料
月払い・分割 一括
金継ぎ体験
(消粉仕上)
全6回
3ヶ月
¥24,200 なし 持参または購入
1点以内
初心者セット
¥7,480
一般講座 金継ぎ 自由 ¥11,000
月2回
¥5,500 持参または購入
3点程度
ご希望の内容により
必要なものだけ購入
漆芸 自由 ¥13,200
月2回
¥5,500 ご希望の内容により
必要なものだけ購入

道具材料

研究所オリジナルのセット

金継の素材は、お手続き後に研究所からお送りします。
道具・材料は、研究所オリジナルのセットをご利用いただくと講習がスムーズです

KintsugiJapan自然派金継セット
KintsugiJapan自然派金継セット
品名 備考
1 下処理用のり 陶器の下処理用 でんぷん糊
2 面相筆 のり塗り用
3 サンドペーパー ワレ、ニュウの削り用
4 定盤(タイル) 金継用パレット
5 竹へら 特製の竹ヘラ
6 プラスチックヘラ コシのある漆芸用プラスチックヘラ
7 小麦粉/ケース入 強力粉
8 砥の粉/ケース入 鉱物
9 こくそわた/ケース入り 麻の繊維
10 木粉/ケース入り 木の粉
11 ラウンドカッター 刻苧、鎖削り用刃物
12 コバックスセット 研磨用シート
13 粉蒔き毛棒 小 蒔絵粉を蒔く道具
14 生漆 20g 要冷蔵中国産漆
15 黒呂色漆 20g 中国産漆
16 筆セット 初心者用 ハイセーブル 丸+平
17 筆洗い液 漆や油を洗うアルコール
18 クリーナー 火気厳禁 高純度エタノール
19 空容器2個 水、油を入れる点眼容器
20 消粉 – 錫 1g 消粉仕上げ用蒔絵粉

KintsugiJapan自然派金継セット一覧

送料¥1,225(クロネコ宅急便コンパクト)
♦追加送料がかかるケース
①海外発送 ・・・受講料支払い→発送→かかった送料を追加請求
②教材など追加購入・・・「商品代金」「追加送料:(実送料-¥2,030)」を、受講料と一緒に請求


<ご注意>
・化学物質、有機溶剤を含む簡易金継用の道具や材料はお使いになれません
・日本国外への道具セット発送はEMSで配送可能な地域のみを対象とさせていただきます。その際の送料は実費で頂戴します

既にお持ちの金継道具・材料を使われる方は“②道具なし”でお申込み下さい
※お支払い手続き後の変更はできません

<道具、材料のバラ売り>
申込時、フォームの「備考欄」に商品番号を記入してご注文ください
:商品単価+送料(実費)+梱包手数料(¥500)を
受講料と一緒にご請求します

募集

現在7月研究生募集中!!定員になり次第停止

お申し込み

お申し込みはフォームからお進みください。

※お問い合わせフォームは博多漆芸研究所サイトにリンクしています。

KINTSUGIJAPAN基礎1/作品01
オンライン受講生作品
オンライン受講生作品
オンライン受講生作品
オンライン受講生作品

お申込みから受講まで

  • ①規約を読む
    ※Zoomが初めての方は、インストール&接続テスト
  • ②申込フォーム送信
  • ③自動返信メールによるご請求
    お支払いはメール到着後後3日以内
  • ④ご確認メールの到着
    お支払いの確認
    お支払い手続の完了後、3営業日以内に届きます
  • ⑤道具・材料セット到着
    講習開始の前月下旬までに届きます
  • ⑥講習初回のZoom招待、画像送信
  • ⑦受講

受講規約

金継ぎ体験 受講規約

金継ぎ体験 受講規約

 

KINTSUGI JAPAN (以下、KJと表記)
1、講習内容
・ZOOMを使用した全6回のオンライン講習で、初心者が対象です
・6工程で完成する「消粉仕上げ」に必要な技術を講習いたします

<カリキュラム>
第1回)オリエンテーション、見極め、下処理
第2回)接着/刻苧埋め
第3回)錆つけ
第4回)下塗り
第5回)中塗り
第6回)上塗り、粉蒔き

2、講習方法

・講師1名に対して受講生6名を定員とするグループレッスンです。
ZOOMで工程説明を受け、復習プリントを参考に各自で制作します。

<各回の流れ>
①次回工程の説明
:デモンストレーション、画像
②前回の制作内容についてアドバイス
:端末内蔵カメラおよび、画像
③質問コーナー
④メール/復習プリント(講習後にメール送信)

3、道具・材料

・付属の道具材料セットで講習します
  ※海外発送はEMSで発送可能国のみ対応しております。ご了承ください。  

4、受講に必要なもの

・インターネット通信環境
・端末(PCまたはタブレット推奨)
・教材(破損した陶器・磁器・炻器のいずれか1点以内)
・作品を保管する容器・・・段ボール箱、プラスチックケースなど
・ごみ入れ
・エプロン、アームカバー
・新聞紙など、汚れを防ぐために敷くもの
・ティッシュ
・水 ※容器は道具セットに入っています
・油(サラダ油か菜種油) ※容器は道具セットに入っています
・マスキングテープ(教材が「割れ」の方のみ)
※スマートフォンでは、若干見ずらい場合があります
※PCにカメラが内蔵されていない場合は、Webカメラをご用意ください
※にぎやかな場所では、ヘッドセットの使用をお願いします  

<教材(破損した器)について>
・練習用として適切な教材をお選びください
・教材は1点のみとし、6回を通じて同じ教材を使用してください
・破片が4片以上に割れたもの、一辺1㎝を超える欠け、全長15㎝を超えるヒビ、陶器・磁器以外の製品、金彩が入った品などは、本講習の対象外とさせていただきます
※教材が無い方には販売いたします。お申込み前にご相談ください
※ヒビのある教材を使用する場合、道具セットに入っていない「ダイヤモンドやすり」が必要になります 。別途ご購入いただけますので必要な方はお申込時にその旨お知らせください。

5、欠席

・各回で内容が異なりますので、できるだけ6回の講習をすべて受講してください。欠席回は、復習プリントを使用した自習となります
・欠席に対する、受講料の割引・返金、無償補講はございません
・欠席に対する補講を希望される場合は、博多漆芸研究所の個人レッスンをご利用ください(有料)

6、講座の成立・不成立

・何らかの事情により講習を中断した場合は「2、講習方法 <各回の流れ>の①②」 の完了をもって講座成立とします
・講習の中断・中止で、KJが必要と判断した場合、補講を行うことがあります 
・補講は、講習期間中または期間後の同曜日・時間帯からKJが任意に決定します
・天災やインフラ障害など、不可抗力による講習中止の場合、メールやプリントで講習を代替する場合があります

7、注意事項

<キャンセル>
・お支払い手続き後、お客様都合によるキャンセル、将来の講習への振替、返金、道具材料の返品はできません

<かぶれ>
・本漆を使用しますので、かぶれが生じる可能性があることを予めご了承ください
・漆が皮膚に付き、アレルギー反応が起こると、皮膚が赤みを帯びて痒くなります
・馬油や植物油などのオイルを塗り、冷やして掻かないよう気を付けると、通常、2~3日、長くとも10日程度でおさまります。快方に向かわず悪化したときは、皮膚科を受診し「漆かぶれ」とお伝えください

<道具・材料>
・本漆を使用するものであれば、付属セット以外の道具でも受講いただけますが、付属セット以外のイレギュラーな道具・材料に関する使用法やお手入れ方法などの講習は本講座の範囲外とし、個別の質問には お応えしません。また、本漆以外の製品は本講座で使用できません
使用できない商品例)
「ふぐ印 新うるし」「サンコー商会 高級うるし」
「和信ペイント 油性工芸うるし 」「TOHO 特製うるし」など
・お持ちの品が本漆かどうか不明な方は、お申込み前にお問合せ下さい

<受講に関すること>
・必ず、ご使用端末のZOOM接続テストを済ませてからお申込みください。
・本講座では、講習時間外に制作を行い、ご質問は講習中のみお受けします
・講習時間外はメールや電話によるご質問、ご相談にお答えできません
・オンデマンド講習をご希望の方は、オンライン教室をご利用ください
・「2、講習方法 <各回の流れ>②」で定める、制作内容チェック用の画像は、送信〆切があります。期日までに送信されない場合は、講習で取り扱いません
・金継の施工結果には個人差があります
・貫入や無釉部は、カビが発生して跡が残る場合があります。心配な場合は、道具・材料セットに同封の「煮沸」を行ってください
・漆の硬化に最適な条件は、気温23~28℃、湿度60~70%です
・申込者ご本人のみ受講可能ですが、乳幼児の同伴はかまいません
 その際はヘッドセットの使用など、他の受講者への配慮をお願いします

<完成作品ご使用時の注意>
・台所用中性洗剤、やわらかいスポンジまたは布で洗う
・水に浸けっぱなしにしない
・硬いものでこすらない
・直火にかけない
・電子レンジや食洗器を使用しない
・直射日光を避けて保管する

8、その他

・氏名、住所、メールアドレスなど登録内容に変更があった場合、すみやかにお申し出下さい

9、禁止事項

以下に該当する場合は予告なく解約できるものとし、返金は行いません ・他の受講者およびKJに不利益が生ずるおそれのある行為 ・営業・販売行為 ・ZOOMミーティングへのアクセス情報を第三者に漏洩する行為 ・本講座で表示・提供する情報、資料、サービス内容等について、事前の書面による許諾なく、個人的な目的以外で複製、出版、翻訳、 譲渡、貸与、本人以外が視聴可能な場所に配置する等の行為 ・講習風景のSNS投稿は、他の受講生や講習上の独自情報が写らない範囲とします

10、免責事項

以下によって受講生に生じる損害については責任を負いません
当規約は、受講生の承諾を得ることなく変更することがあります
・申込フォーム記入内容の不備
・お客様都合による遅刻、欠席、制作遅延
・作品の保管環境や施工
・天災やインフラ障害などの不可抗力
・お客様の通信環境やカメラの画質
・漆かぶれ
・骨董品、美術品などの貴重品や、第三者所有物の教材使用
・完成作品の使用

11、プライバシーポリシー

お申込時にご記入いただく個人情報の取り扱いについては、個人情報保護法及びその他関連する法令等を遵守し本講座のサービス提供以外の目的には使用しません。また、厳重に管理を行い、第三者に漏洩もしく提供することは一切ありません

12、受講の継続・ステップアップ

 

・制作しながら質問や確認ができるオンデマンド講習です
・丸粉磨きや漆絵など、バリエーション豊富な内容を学べます
  ①オンラインによる一般講座「金継ぎ」受講
  ・受講料 税込¥9,900(80分×月2回・税込)
  ・登録料¥5,500
  ②オンラインによる個人レッスン「金継ぎ」受講
  ・受講料 税込¥9,900(80分・税込)
  ・登録料¥5,500

金継認定カリキュラム 3級
・総合的に学びたい方、金継資格の取得を希望される方
※詳しくはHPをご覧ください

※道具セットの発送は講習開始月の前月末です。
以下の方はお申込み前にご連絡ください
・荷物の送付先が日本国外の方
・お支払いに銀行振込を希望される方
・手持ちの材料が本漆か不明な方
・教材(割れたり欠けたりした器)
 の購入を希望される方


<ご注意>
・化学物質、有機溶剤を含む簡易金継用の道具や材料はお使いになれません
・日本国外への道具セット発送はEMSで配送可能な地域のみを対象とさせていただきます。

募集

現在7月研究生募集中!!定員になり次第停止

お申し込み&お問い合わせフォーム

申し込みはフォームからお進みください。

※お問い合わせフォームは博多漆芸研究所サイトにリンクしています。

はじめてZoomを使う方

受講時に使用する端末でアプリのインストールと接続テストを済ませてから
お申込みください


お問合せフォーム

お問い合わせがある方は、下記のフォームからお願いします。


KINTSUGI JAPAN
博多漆芸研究所 オンライン事業部
担当 イシバシ

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松1-7-8-1 mallsmall-C

営業時間)火~土曜日 10~18時
     日・月曜日休業

講師・監修者紹介

講師:石橋 茜
監修 松生 まさよ