自然派金継ぎ認定3級

KINTSUGI JAPAN 

自然派金継資格認定
3級〜Specialist

銀継ぎの中塗り
制作イメージ

自然派金継ぎ
~プロへの道~

経験豊富な講師のもと
化学物質を使わずに伝統的な材料と技術で施す
自然派金継ぎ※を講習します

※自然派金継ぎは博多漆芸研究所から
始まりました

3級受講生募集
2022年10月
-2023年7月開講


■募集定員と開講枠
第2・4週 水曜日 3限(13:00〜14:20) 7名
第2・4週 金曜日 7限(19:00〜20:20) 7名 

■お申込み期間:2022年8月1日~10日
※海外の方は、道具材料等
発送の為、なるべく早く
お申し込みください。

講習内容

自然派金継認定カリキュラム3級
2022年7月更新


試験合格者には認定プレートを卒業時に授与
試験合格者には認定プレートを卒業時に授与

お申込・お問い合わせ

お申込みはこちら↓

必ず下記規約をお読みの上お申し込みください



■お問い合わせ
下記フォームからお願いします

※お問い合わせフォームは博多漆芸研究所サイトにリンクします。


受講費用
(2022年10月版/更新)

自然派金継ぎ資格認定

オンライン
(Zoom)
 期間  受講料 試験料、盾代 教材
道具、材料
登録料
3級
Specialist
全20回
10ヶ月
¥283,800 ¥132,000 ¥50,600 ¥79,200 ¥22,000
2級
Professional
全20回
10ヶ月
¥220,000 ¥143,000 ¥33,000 ¥44,000 3級申込時のみ
1級
Master
全20回
10ヶ月
¥215,600 ¥154,000 ¥22,000 ¥39,600 3級申込時のみ

・分割払いご希望の場合:
 受講料のみ分割可能です。
(3級:¥13,860/月、
 2級:¥15,015/月、
 1級:¥16,170/月)
・合格者には合格証をpdfで発行。
 各自受講終了時に合格された
 級を一括して認定盾を1点発行。
・各級での発行を希望される場合:
 1点あたり¥13,200の追加料金
 および送料がかかります。
・決められた講習期間内に
 制作完了されなかった場合:
 補講。追加補講受講料
 (¥6,600/回)が必要です
・得点不足で不認可となった場合:
 実技¥22,000、学科¥11,000の
 追試試験料がかかります
・認定コースを受講された方が
 一般講座を申し込んだ場合:
 入会事務手数料が半額
 (¥5,500)となります
・3、2級の教材費には
 講習用教材と自宅学習用
 副教材の代金が含まれます

研究所3級
オリジナルセット

金継の道具材料は講習内容と
関わることがありますので、
特別な理由がない限り研究所
オリジナルセットをおすすめしております。

                   
品名 備考
1 中国産色漆 弁柄 20g 冷暗所保存 金仕上げの上塗用
2 中国産生漆(上)20g 冷暗所保存 下仕事用 3本
3 中国産黒呂色漆 20g 冷暗所保存 下塗、中塗、上塗用 2本
4 ガラス定盤(足付) 作業台
5 研磨クリスタル砥石3種セット 400番 800番 1000番
6 濾し紙(10枚) 漆の中のゴミを漉す専用の紙
7 角粉 紙袋入り10g 蒔絵粉を磨く粉
8 砥の粉 紙袋入り50g 錆に入れる
9 木粉 紙袋入り20g 木の粉 刻苧に入れる
10 こくそわた 紙袋入り20g 麻の繊維 刻苧に入れる
11 小麦粉 紙袋入り30g 強力粉 麦漆、刻苧に入れる
12 コバックス 5種類セット 研磨用シート 2セット
13 ダイヤモンドヤスリ ワレ・ニュウの下処理「丸平」
14 竹へら 特製の竹へら 刻苧、錆付け用
15 プラスチックヘラ小 コシのあるプラスチックへら
16 払い毛棒(中) 蒔絵粉を蒔く道具
17 粉蒔き毛棒(小) 冷暗所保存 金仕上の上塗用 2本
18 蒔絵筆1(細) 天然毛(玉毛)蒔絵筆
19 蒔絵筆2(中太) 天然毛(玉毛)蒔絵筆
20 マスキングテープ12mm幅 接着時固定用
21 真綿 蒔絵粉を蒔く道具(錫、銀用) 2個
22 めがねルーペ 拡大鏡 メガネの上から装着可 倍率2倍
23 面相筆(のり用) のり塗り用
24 のり 陶器の下処理用
25 液体容器30cc 水、粉を入れる容器 2個
26 消粉(錫)20g 消粉仕上げ用蒔絵粉
27 丸銀(本銀3号)4g 丸粉磨き仕上げ用蒔絵粉
28 ラウンドカッター 下地の削り
29 クリーナ 容器のみ
30 教材 講習教材2点副教材4点、テキスト
31 道具箱 オリジナル桐箱
32 送料 80サイズ 国内の場合
33 荷造り手数料 諸手数料

ご注意

・セット内容は変更になることが
 あります
・カシュー系漆、有機溶剤を含む
 簡易金継用の道具や材料は
 お使いになれません
・補充が必要な場合ショップ
 ご購入いただく場合がございます
・日本国外への道具セット発送は
 EMSで配送可能な地域のみを
 対象とさせていただきます。

申込から受講までの流れ

  • ①受講規約を読む
  • ②申込フォーム送信
    *メールアドレスは連絡可能なものを
    ご入力ください
  • ③お支払い
    申込が受理されると、
    研究所から請求メールが届きます
  • ④「教材」「道具・材料」到着
    お支払い確認後、荷物が発送されます
  • ⑤Zoom招待メール着信
    受講前月末日までに、招待メールが届きます
  • ⑥受講

※詳細については下部の受講規約を
 ご確認ください


受講規約(令和4年10月版)


本講座の趣旨

金継ぎは、縄文時代にまで起源が
遡る「うるしつぎ」
奈良時代から続く「蒔絵」が、
茶の湯の精神のもと融合した
日本の誇る文化です。


一般に理解しやすい
“視覚的な面白さ”や、
“ストーリー性”に脚光が
当てられがちですが、
上記のような姿が今ここに
残っていること、
すなわち、工芸文化としての
重みをぜひ見直して
いただきたいと思います。


化学物質や有機溶剤を
用いた金継もありますが、
人の健康や環境にマイナスの
影響があるものが
今後も支持されるでしょうか?


KINTSUGI JAPANは、
本漆と自然素材を用いた
“自然派金継”を推奨し、
先人の叡智が詰まった技術、
歴史や素材のバックボーンを
含めた知識を受け継ぐ、
真の後継者育成を
目指しています



申込フォーム&お問い合わせフォーム

お申込みはこちら↓

必ず上記規約をお読みの上お申し込みください

※お問い合わせフォームは
博多漆芸研究所サイトにリンクします。

博多漆芸研究所 
KINTSUGI JAPAN事業部へ
担当 マツオイ

〒810-0044福岡県福岡市
中央区六本松1-7-8-1 
mallsmall-C

営業時間)火~土曜日 10~18時
日・月曜日休業


参考作品

ニュウの硬質素地 銀継ぎ例
ニュウの硬質素地 銀継ぎ例
(課題制作とは異なります)
ワレの軟質素地 銀継ぎ例
ワレの軟質素地 銀継ぎ例
(課題制作とは異なります)
カケの軟質素地 銀継ぎ例
カケの軟質素地 銀継ぎ例
(課題制作とは異なります)